ドイツ製法のうまいソーセージをつくる厚木のお肉屋さん(厚木ハム)が、うまいソーセージをつくる為に徒然書き綴るおいしいブログ

うまいソーセージをつくる!!
http://atsugiham.blog45.fc2.com/

プロフィール

厚木のマイスター

Author:厚木のマイスター
豚肉、ハム、ソーセージ専門店
【厚木ハム】のブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ滞在、最終日

2008/11/11 18:37|お出かけTB:0CM:0
ドイツ滞在、最終日。

向かった先はミュンヘン市内にあると殺場。
タクシーに乗り「shulfthofまで」と。
降りれば日本でも嗅ぎ慣れた匂いが施設内を覆っています。

食肉処理センター
<食肉処理センター>


早朝から始まってはいましたが、朝8時の今でも
作業は元気良く続いています。


食肉処理
<食肉処理>

もっとじっくりと見たいのが本心ですが、そうはいきません。
約束したわけでもなく、向こうの人たちからすれば「紛れ込んだアジア人」
変な見方をする人は「潜入しているアジア人」とまで思っているでしょう。

怪訝な顔をされ、まるで不審者を見る眼差しで眺められて、終いには外国語で文句を言われる。

よく考えれば当たり前ですが、なかなか寂しいものです。


食肉センター内 野菜
<センター内 野菜>

食肉センター内 香辛料
<センター内 香辛料>

その後、周囲にある資材、道具屋に行き、師匠に頼まれた道具を買い
郵便局から日本へ郵送手続き。

ミュンヘン市内にあるデパートなどをいろいろ見て回り
いわゆる「デパ地下」の食品コーナーに。


ミュンヘンデパ地下 加工品
<ミュンヘン デパ地下 食肉加工品>

ミュンヘンデパ地下 お惣菜2
<ミュンヘン デパ地下 ピクルス>

ミュンヘンデパ地下 お惣菜
<ミュンヘン デパ地下 お惣菜>


3~4年前、ドイツの、例えば野菜の陳列は正直言って「野暮ったい」感覚がありました。

色使い的な所は日本と違い鮮烈だった記憶があります。

今回感じたことは、陳列方法や見せ方が進歩したことです。

フランスなどは、とても綺麗な商品陳列だったのは確かです。

ドイツもそういう部分でも負けないようになってきたのでしょう。

ユーロ通貨など、ヨーロッパ諸国の垣根というか、グローバル化というか
良いところは交換しあい、歩み寄っているのでしょう。

しかし、歩み寄り過ぎてお互いの個性が無くなる事は避けなければいけないでしょう。


最後の晩餐は、シャバイネハクセが美味しいと評判のビアホール。
ハムとソーセージの盛合わせや、キャベツのサラダ。


キャベツのサラダ
<キャベツのサラダ>

サラダ
<ソーセージ、鶏肉のサラダ>

ハムとソーセージの盛合わせ
<ハムとソーセージの盛合わせ>

今回、非常に残念でショックだったこと。

強烈に「美味しくない」と思うソーセージやハムが出てきたことです。
食べれば利益を求めていい加減に作ったものだとすぐに判断できてしまうような物です。

どこへ行っても自分の口に合わずに「美味しくない」と思う物はあるでしょう。
人が美味しいと言っても、自分には合わない物はあるでしょう。

はっきり言って今回はその「範疇」を越えた強烈な物でした。

日本の大手メーカーが作るハムのような「味」の無いソーセージ。
それは七面鳥のソーセージで最近ヘルシー思考のドイツで人気のタイプ。
期待して、食べてみたくて食べたから、その思いも一入。
ここ数年、ドイツへ毎年来ていますが、その味たるや断トツです。

しかし、このブログを見ている皆さんに勘違いしてもらいたくない事は
もちろん全部が不味いわけではない、という事です。

ドイツ全体のハム・ソーセージのレベルは高いです。
欧州諸国の中でも、世界的にもトップでしょう。

しかし、昨今の価格競争の中、ドイツ外の食文化の輸入によって
「裾野の部分」でいい加減なものが出回り始めています。

自国の文化を重んじるドイツで「そういう現象」が
実際に起こっていることが非常に残念でした。


・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・
にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へにほんブログ村 料理ブログへ  ←ランキング参加中!クリック click!
ブログランキング・にほんブログ村へ ←このブログはこの村の村民です。


~ソーセージの“相棒” 小麦が薫る“本物のパン”~
【厚木の手づくりパン工房 ブーランジェリー・ル フルラージュ】


~美味しい「地ビール」との出会い~
【厚木の地ビール工房 サンクトガーレン】

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://atsugiham.blog45.fc2.com/tb.php/75-ceb6ce62

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログラム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 |  生ハム、サラミ | 素材 | 腸詰 | お出かけ | 限定品 | 取材、掲載 | その他 | ハム | お惣菜 | レバー製品 | ソーセージ | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. うまいソーセージをつくる!!
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。